ホワイトニングのご注意

ホワイトニングをなさる皆様へ

ホワイトニングをするにあたって、幾つか注意がございます。

ホワイトニング後24時間はNGな飲食物
紅茶、コーヒー、日本茶、ココア、カレー系食品、焼きそば、トマトベースなど色の濃いパスタ、焼肉、焼き鳥、赤ワイン、色の濃いビール、色の濃いジュース、色素の強い野菜(春菊、レンコン、ブロッコリー、トマトなど)、みそ、しょうゆ、わさび、からし、色素の濃い果物(柿、ぶどう、いちごなど)、チョコレート、あんこ、色付のうがい薬、色付歯磨き粉、など。タバコも駄目です!

ホワイトニング後24時間以内OKな飲食物
水、牛乳、白ワイン、チーズ、ヨーグルト、鶏肉、魚の塩焼き、大根、ポテト、さといも、こめ、パン、豚骨or塩ラーメン、ホワイトソースor塩ベースのパスタ、など。

ホワイトニング中に知覚過敏が起こったら  
すべての人に生じるわけではありませんが、ホワイトニングをする事によって、歯がしみる(知覚過敏)ことがあります。それは歯の亀裂やエナメル質がすでに薄くなっている事が原因の場合が多く、もろくなったわけではありません。歯の水分バランスが崩れて知覚過敏が発現するという説もありますが、いずれも24時間以内に症状がおさまります。

ホームホワイトニングの方は、知覚過敏が起こった日の次の日はホワイトニングをお休みするか、一日のホワイトニングの時間を短くして下さい。その事は、医院にいらしたときにお話ください。心配なときは、電話をして下さい。

どれくらいもつ?
残念ながら、ホワイトニングの効果は一生もつわけではありません。その後引き続きデンタルケアが必要です。飲食物の好みにより再着色の度合いが違いますが、定期健診のついでにメンテナンスを年に1回~3回行うのがいいでしょう。

ホワイトニングの安全性
ホワイトニング材の主成分は過酸化水素です。ホワイトニング先進国であるアメリカのADA(アメリカ歯科医師会)、FDA(アメリカ政府食品医薬品局)で安全が保障されています。万一少量飲み込んでも唾液、消化液により分解され毒性はありません。しかしごくまれに、粘膜や食道が火傷する場合も無いとは言えないそうなので、用量、使用方法はきちんと守ってください。

<無料相談・お問合せ>
ファミリー歯科・矯正歯科クリニック
〒373-0033 群馬県太田市西本町 45-30
TEL 0276-55-0011
ホームページ(無料相談受付)
http://www.family-dental.info/
[PR]
by familyd | 2009-09-15 11:50 | ホワイトニング


<< 唇エステとは? 院長紹介 >>